近代ガジェット研究所

未来の事は知りません笑 PC関連のこと書いていきたいです。たまにアニメ。

スポンサーリンク

iTunes歌詞表示する方法 おすすめプラグイン

f:id:mikan5jp:20180830141428p:plain

こんにちは、ミカンです。

 

パソコンで音楽聴くときに何のソフトを使っていますか。

私はiTunesを使っています。

 

windows10にはGroove ミュージックというソフトもあるのですが歌詞表示機能が無いので私はiTunesを使っています。

 

そこでiTunesで歌詞表示するのに便利なプラグインを紹介したいと思います。

では、導入する手順を見ていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 注意点

今回紹介するプラグインiTunesバージョン12.7.0.166以降では使えないと思われます。

12.6.4.3までは使用可能でありました。

もしアップデートしている方はiTunesのダウングレードをお願いします。

 

バックアップを取っていただきiTunesをアンインストールし、

こちらから過去のバージョンをダウンロードしてからインストールしましょう。

 

私自身試すために一度バージョン12.7にして今回紹介するプラグインが使えないことを確認した後、ダウングレードするために「iTunes Library.itl」をコピーしておき、ダウングレード完了後にiTunes Library.itlを元のフォルダに置いたのですが、新しいバージョンで作成されたものだから使えません的なことを言われました。

結局iTunes Library.itl消して、音源(.mp3)を普通にiTunesにドラッグ&ドロップしました。

 

音源がiTunes内だけじゃなく、普通にファイルとして存在しているかも確認しておきましょう。説明が難しいですね。

 

データ飛んだら一巻の終わりですからね。

 

 

歌詞を登録

iTunesに入っている音楽に歌詞を登録しなくてはなりません。

手動で登録するか、ソフトを使って自動でやってもらいましょう。

 

手動で登録

 1,曲を選び右クリックでプロパティを開きます。

f:id:mikan5jp:20180830131622p:plain

 

 

2,曲の情報が出るので歌詞のタブをクリック

f:id:mikan5jp:20180830131703p:plain

 

 

3,下のカスタムの歌詞にチェックを入れると歌詞入力出来るようになるので、自分で打ち込むか、コピペしましょう。

できたらOKをクリック。

f:id:mikan5jp:20180830131742p:plain

 カスタムの歌詞のチェックを入れた横に矢印があるのでそこで直接次の曲を選べるので、アルバムなどは連続して作業できます。

以上です。

 

 

自動で登録

しかしひとつひとつ手動でやるのもめんどくさいですね。

コピーできる歌詞サイトって少ないですし、仮にコピーできてもめんどくさい。

じゃあ登録を自動でやってもらおう。

使うのはこのLyrics Masterというソフトです。

 

f:id:mikan5jp:20180830132743p:plain

MacWindowsかを選択してダウンロードします。

 

 

f:id:mikan5jp:20180830132819p:plain

ダウンロード後起動するとこんな画面が開くと思うので、左端の検索をクリックします。

 

 

f:id:mikan5jp:20180830132910p:plain

すると別のこのような枠が開くのでiTunes連携をクリックして、連続モードにチェックを入れます。

 

あとはiTunesで音楽を再生すれば自動で歌詞を取得し登録してくれます。

 

連続モードにチェックを入れておくと登録したら次の曲の歌詞を自動で取得登録してくれるので放置しておけばokです。

 

1つのアルバムが終われば一旦そこで勝手に止まるのでまた別のアルバムを手動で再生する必要はあります。

 

 

歌詞表示プラグイン

f:id:mikan5jp:20180830133635p:plain

赤丸をクリックして歌詞とやれば歌詞表示できるんですが別のところクリックすると消えちゃうので作業しながらは見辛いです。

 

 

そこでこのプラグインCover Version

f:id:mikan5jp:20180830133855p:plain

MacWindowsの32bit、64bitから選びダウンロードします。

 

バージョン 2.1.8と書いていますが、ダウンロードされるのは2.1.7です。

 

ダウンロードしたらフォルダを開き、「 CoverVersion.dll 」を

C:\Program Files\iTunes\Plug-ins

に入れます。

インストール先は人それぞれ違うと思いますので、自分がインストールしたフォルダを見つけてください。

 

Plug-insフォルダはもしかしたらないかもしれないのでない場合は自分で作ってください。

 

f:id:mikan5jp:20180830135920p:plain

iTunesを開き上の表示→ビジュアライザ→Cover Versionと順に選択してください。

音楽を再生し、CTRL+Tで歌詞表示してくれます。

 

 

f:id:mikan5jp:20180901004931p:plain

こんな感じに表示されます。

歌詞は一応一部ぼかしてあります。

歌に合わせて少しずつスクロールしてくれます。

歌によってはスクロールが遅くて歌詞が見えなくなっちゃうかもしれませんが。

 

 

 

 

 

最後に

最初にも言いましたがiTunesのバージョンにご注意ください。

ダウングレードの際にもバックアップを必ず取りましょうね。

最近ではiTunesで音楽を聴くことが少なくなりました。

単純に今はまっている歌がSpotifyで聴けるからです。

apple musicを契約している方ならiTunesひとつで済みますね。

iosユーザーならそっちのほうがいろいろと楽かもしれません。

私はandroidなのでそこまでiTunes固執はしないので。

 

あと久々にAimer聴いたけどやっぱりめちゃくちゃいいな。

ちなみに一番好きなのはRe;prayでございます。

 

では、今回はこの辺で、

またねー

 

スポンサーリンク