近代ガジェット研究所

未来の事は知りません笑 PC関連のこと書いていきたいです。たまにアニメ。

スポンサーリンク

Apple MusicでなくSpotifyを選んだ3つの理由

f:id:mikan5jp:20180824164122p:plain

 

こんにちはミカンです。

今回は題名の通りApple MusicではなくSpotifyを選んだ理由について話していきたいと思います。

Apple MusicとSpotifyを比較しながら

音楽ストリーミングサービスってこの2つ以外にもたくさんありますね。

まぁでも実際使ったのはこの2つだけなので今回はこの2つで許してください。

 

ここよりもっと詳しく解説してるサイトなんてたくさんありますがどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

簡単な比較

Apple MusicとSpotifyの簡単な比較をしていきましょう。

サービス 月額料金 曲数 音質
Apple Music ¥980 4,500万 256kbps
Spotify ¥980 4,000万 320kbps


  Apple Music:ファミリープラン 1,480円 

       学生      480円

       3ヶ月無料

 

Spotify     :ファミリープラン1,480円

       学生      480円

       最初の3ヶ月 100円

 

月額料金は全く同じですね。3ヶ月無料か100円かの違い。

 

ここでの学生というのは大学もしくは専門学校のことです。残念ながら高校生は対象外です。高等専門学校は対象です。

 

曲数で言えばApple Musicに軍配があがるのかな。

 

音質では一応数値の高いほうが優れていることになるので、Spotifyのほうが良いのかな?

 

いいえ、そうとう音にこだわりのある方以外はまぁ気にしなくていいものです。違いなんてわかりません。

 

オーディオに数十万かけてる人とかなら気にするのかな?

私は数千円のイヤホン使用してるんで違いはわかりませんでした。

 

 

 

 

理由

歌詞

では私がSpotifyを選んだ理由を述べていこうかなと思います。

まず一つ目は歌詞の追跡機能が便利だなぁと思ったからです。

 

Apple Musicも歌詞表示はできるのですが、テキストだけなんです。

 

聞き始めたばかりの曲を途中から歌詞見たくなった時今どこだろうと探すのが大変な時があります。

 

しかし、Spotifyは今歌っているフレーズを濃く表示してくれるのでわかりやすいです。

 

左がスマホ          右がPC

f:id:mikan5jp:20180824172941j:plain f:id:mikan5jp:20180824173012p:plain

 

 

 

続きから再生

続きから再生できること。

 

apple musicのアプリを落とすとまた曲の初めからになってしまうんです。

iTunesを使っても同じで前回再生したものを記憶出来てないんですよね。

 

SpotifyならスマホアプリでもPCのソフトでも続きから再生可能です。

 

それって重要なの?と思うかもしれませんが私にとっては重要。

まぁ結局は人それぞれですね。

 

Spotifyにしかない曲

たまたま好きな歌がSpotifyにしか無かったから。

 

もはや、これは完全に自分だけの理由。

 

Apple MusicにはあってSpotifyには無いって曲もあります。当然その逆もまた然り。

 

まぁ、これは利用者によって違うので理由といっていいものか。

でも、Spotifyにした決め手はこれなんだよな笑

 

 

 

 

最後に

音楽ストリーミングサービスってすごいよね。

 

レンタル行く必要がほぼ無くなったし、月額1000円くらいだし。

気になる曲があればバンバン聴ける。

 

それとSpotify選んだ理由たった二つしか無かった...

追記~ 2018年8月31日

もう一つ理由を追加しました。

 

また思いついたら書き足していこうと思います。

 

ただ学生プランに申し込みやすかったのはApple Musicです。

うろ覚えなんですが審査がなかった気がします。だから利用したい日にすぐに利用できるはずです。

 

Spotifyは現在から3ヶ月以内に発行されたことを証明する日付が記載されている書類を写真に撮ってアップロードします。

それから審査なのですぐに利用はできなかったです。

 

書類っていうのは通学証明のための書類のことです。時間割表、成績証明書、とかが使えるみたいです。

 

まぁここではあまり詳しく話しません。

 

以上

またねー

 

 

スポンサーリンク